川口市のインプラント|医療法人デンタルアドバンス
HOME>レーザー光殺菌治療

レーザー光殺菌治療

      インプラントのメンテナンスの有効性


自分の歯と同様にインプラントにも歯周病は発生することがあります。
メンテナンスが特に重要なインプラントでは、定期的な検診の際に光殺菌とクリーニングを組み合わせることが有効です。


歯を失う原因1位は歯周病

歯周病は30代以上の日本人のおよそ80%が持っている
と言われています。
歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている「歯周病菌
(細菌)」に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり
します。進行すると歯が抜けてしまうことも少なくなく、
歯を失う原因では実は「虫歯」よりも多い怖い病気です。
しかも、歯周病の初期では自覚症状がほとんどなく
気付いていない方が多いのが特徴です。


PDT治療とは
PDT(photo dynamic therapy)とは光線力学療法と呼ばれる薬を使わない光による
殺菌システムです。医科でもガン治療やニキビ治療などで使われています。

光を吸収すると化学反応が起こり活性酸素を大量に発生させる染色液で歯周病菌を
染め殺菌する治療法です。


<PDT治療の特徴>
・薬を一切使用しない
・耐性菌が発生しない
・副作用が起こりにくい
・痛みを伴わない
・手軽に何回でも処置できる
といった特徴があり、次のような方に向いています。


<向いている方>
・持病があり、抗生物質を使った治療が行えない方
・全体ではなく一部の歯周ポケットに炎症がある方
・定期検診、メインテナンス時に深めのポケットが認められる方




【薬を飲まない治療が光殺菌です】

バイオジェルと呼ばれる染色液で歯周病菌を染めます。このバイオジェルは光を吸収すると
化学反応が起こり活性酸素を大量に発生させる事が出来ます。
この生体に安全な活性酸素(一重項酸素)は細菌を殺す特徴があります。


治療費
保険適用外の自費診療になります。
1回1ブロック 6,000円~

詳しくは、ドクターまでご相談下さい。